(No2)

HOME旅レポメニュー5月7日〜8日>9日>10日11日12日〜13日

9日(水)
今日は、9:00 クライストチャーチ発の飛行機でクイーンズタウンに向かいました。
朝から良いお天気でした。
クイーンズタウン空港に着きました。こちらも良いお天気でした。

クイーンズタウン空港に着きました。
乗ってきた飛行機

本当は、ここからミルフォードサウンドに飛ぶはずだったのですが、
お天気が悪いそうで、飛行機が飛びませんでした。
ミルフォードサウンドは、1年のうちの8割が雨ということで、
飛行機が飛ぶかどうかは、かなりの賭けでした。
雨だけでなく、風が強くても飛びません。
そのために、今日の昼、明日の朝、明日の昼と
3回のチャレンジができるよう計画にゆとりを持たせて設定していただきました。
ということで、今日はダメなので、明日に賭けることにして、
今日は、蒸気船アーンスロー号のクルーズと
ウォルターピークでのバーベキューバイキングと羊の毛刈りショーなどを楽しむことになりました。
さて、空港からクイーンズタウンの町へ行くのに、本当ならSEIKOさんのセフィーロで行くはずでした。
そのために、私たちが到着する前の日に、
500キロもの道のりをドライブしてクイーンズタウンまで車を運び、
飛行機で帰ってくるという強行軍をしてくださってました。
それなのに、なんといざ乗ろうとしたら、タイヤがパンクしてました。
昨日の私の荷物に続いて、またしてもハプニング!!
このことについては、SEIKOさんのブログを参照してね。→こちら
というわけで、町まではタクシーで行くことに・・・
着いたら、まずは今夜泊まるモーテルに行きました。
私たちの部屋はまだ空いてないので、取り合えずSEIKOさんの部屋に荷物を置いて、
蒸気船クルーズに出発しました。

クイーンズタウンです。美しい町です。
私たちが乗る、蒸気船アーンスロー号。

船から見たワカティプ湖。水の色も綺麗です。
上から見たエンジン室の様子。
     蒸気船だから、石炭をくべるんですよね。
     その様子は上手く撮れませんでした。


ウォルターピークが見えてきました。
船着場の近くでは、こんな光景も・・・
バーベキューバイキング。
豪快で美味しかったです。



食べ終わったら、羊の毛刈りショーを見に行きました。
こちらの季節は、晩秋から初冬にかけて。
紅葉がきれいです。

赤い矢印は、牧羊犬。
羊たちが変な方向に行かないよう、
ちゃんと誘導します。

このように、一部の羊が違う方向へ行こうとすると、
ものすごい速さで走ってきて、誘導するのです。



毛刈りショーの始まりです。
冬に毛刈りをするって反対のような気がしますが、
羊の赤ちゃんを守るために必要なんだそうです。
毛がふさふさあると、暖かいから、妊娠している羊は、
寒いところでも平気です。
でもそれだと、赤ちゃんに良くないのだそうです。
毛を刈ると、寒いので気をつけるようになるので、
そのことが赤ちゃんを守ることになるのだそうです。


刈り終わってすっきりした羊。
何だか羊じゃないみたいです。
帰りの船の中では、ピアノ伴奏に合わせて
皆でフォークソングを歌いました。
歌詞カードを配ってくれたんだけど、
全部英語なのでね〜。
でも、知ってる曲もかなりあったので、
適当に歌ってました。
そうしたら、最後にピアニストの方が
何か日本の曲を弾いてあげるという。
何にしようと迷ってたら、「上を向いて歩こう」を
弾き始めたので、思いっきり歌いました。
モチロン日本語で!!
皆さんから拍手喝采を浴びました。
楽しいクルーズでした。

帰ると、部屋の準備ができていたので私たちの部屋に移りました。
すごい豪華な部屋でした。キッチンやリビングがついていて、
寝室にはそれぞれバスルームもついているのです。

キッチンからダイニングの様子
キッチン。素晴らしいキッチンです。
鍋、食器類、冷蔵庫に電子レンジ、食洗機までついてます。

リビング。
朝写したので洗濯物を干しててちょっと見苦しいかな。

寝室。
各寝室にバスルームがついています。


お昼にバーベキューバイキングだったので、お腹いっぱい。
なので、晩御飯は簡単なものをスーパーで買ってきてすますことにしました。
夕方から雨が降ってきたので、SEIKOさんに車で連れて行ってもらいました。
私たちが休んでいる間に、パンクしたタイヤ交換をしてきたそうです。
すばやい!!
スーパーでの買い物も楽しかったです。

さあ、明日は飛行機飛ぶかな?

                                                                  次へ