イタリア旅行

HOME旅レポメニュー>7月2日(日)〜3日(月) > 3日〜4日(火)5日(水)6日(木)

7月2日(日)から7日(金)にかけてイタリアに行ってきました。
6日間と日程が短めなこともあって、今回は、ローマに絞って行きました。
また予定では、3日目の4日(火)にオプショナルツアーでナポリ・ポンペイを入れました。
私たちの旅行は、添乗員は、成田空港で説明してくれるのと、
あとは、イタリアについてから、ホテルまで連れて行ってくれる、というもので、
オプショナルツアー以外は、自分たちだけで自由行動です。
その方が気楽なので・・・(イタリア語全然できないけど・・・)

 色々と手続きをすませ、時間が来て、機内への登場口ではじめて知りました。
 私たちの乗る飛行機は、サムライブルーのだったんだ!!
 もうあわてて写真を撮りました。
 他の人も、みんな登場口の窓のところに張り付いて写真撮っていました(笑)
 だって、いくらサムライブルーの飛行機に乗ったからといっても、外から見て分かるから価値があるんであって、乗ってしまえば全然見えないし・・・
 こんなことなら、待合室でぼーっとしてないで、どんな飛行機か見ればよかったと後悔・・・
 後ろ部分しか撮れなかったけど、近撮だからかえって良く分かるかも。
 飛行時間は、ローマ直行便で約11時間。嘘みたいに早い。
 確か、20数年前、新婚旅行でウィーンに行った時、
アンカレッジ経由で36時間かかったような・・・・
あれで疲れて、ヨーロッパ方面は敬遠してたんだけど。
あの頃は冷戦時代でソビエト(今のロシア)の上が飛べなかったのよね。

そして、無事に到着しました。
到着した日が、日曜日だったからか、入国手続きがすごく混んでて、1時間半くらい待ちました。
ただ、パスポート見てハンコ押すだけなのに・・・

空港からホテルまで案内してくれたのは、「ルイージさん」と言うイタリア人の添乗員さん。
(と言うことは、運転手はマリオさん?・・・なんて旦那と冗談を言ってました。)
日本語がお上手なので、よくよく聞いたら、奥様が日本人で、千葉に住んでると言うことでした。
上手といっても、細かいことは全然通じないので、いろんな説明もこの人がするのだろうかと
ちょっと不安に思っておりました。

ホテルに着くと、日本人の添乗員さんが待っててくれたので取りあえずε-(´▽`) ホッ
イタリアでの注意事項とか、交通機関の使い方とか、オプショナルツアーについてとか、
色々説明を聞いて、やっと部屋でくつろいだのが現地時間で夜の11時。
日本時間では、もうすでに翌日の朝の6時ということです。疲れた〜!!
2日目はローマの町の散策だけど、旦那がN○Kのテレビ見て計画を立てたというので、任せることに・・・
こうして1日目が終わりました。


2日目、7月3日(月)です。

 朝からいいお天気です。暑そう・・・
 宿泊が「PALATINO GRAND HOTEL」で、
 コロッセオの近くだったので、
 歩いていくことにしました。
 その前に、イタリア在住の「keiko」さんに
 紹介していただいた、
 サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会に行きました。


←こちらは、ホテルから出て少し歩いたところで
 撮ったものです。
 どこを撮影しても、絵になる風景です。
 
こちらは、ローマ大学工学部
まだ朝早いけど、学生がぽつぽつ登校してきています。


そのとなりに、サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会はありました。
(長い名前・・・)

ここが、本当に教会?って感じの外見だったんだけど・・・
中はすごく綺麗でした。まだ朝早い時間だったから人もまばらでじっくり見れたし・・・
  

  
                                          早朝の礼拝をしていました。

教会を出てしばらく行くと、もうコロッセオが見えてきました。
写真で目になじんだ景色が見えてきました。
有名なコロッセオです。

中に入るのに、ひとり11ユーロもしました。
まあ、見る価値はあるけどね。結構高いもんだな。


内部全貌
床がなくなって、地下が見えている。




地下は、猛獣や囚人を収容していたそうです。

エレベーターで3階に上がることができます。
3階から外を見ると、
素晴らしい景観が目に飛び込んできます。
コンスタンティヌス帝の凱旋門方面


こちらは、フォロロマーノ方面。
フォロロマーノというのは、ローマ皇帝時代を通じて、
約1000年もの間、首都ローマの中心部だった場所の
遺跡です。


コロッセオを出ると、フォロロマーノ方面に向かって歩いていきました。


まだ発掘中のところもあります。
これは何という神殿だろう?イタリア語が読めないから
わからないんだよね。でもアントニーノと言う字が
読めたので、アントニヌスファウスティーナの神殿かな?
と勝手に思っていますが・・・


何と、市庁舎は遺跡の上に立っているのです。
そんなところは結構あるようです。



パラティーノの丘から見た、フォロロマーノ。
坂が多くて、疲れる〜〜〜。

そして、カンピドリオ広場方面から見た市庁舎。
こちらから見ると、どっしりと歴史ある街の
市庁舎って感じです。


カンピドリオ広場にある、皇帝アウレリウスの像。

市警察隊の建物の中にある、狼と双子の像




狼に育てられたという、ロムルスとレムスの
ローマ建国神話。
このロムルスが建てた町がローマとして発展した
と言われていて、
この狼と双子がローマ市の紋章になっている。



←こういった、公共の建物には、たいてい、狼と双子の
彫刻等が刻まれている。




真実の口・・・ここで写真を撮る人は
何故かみんな口に手を突っ込んで撮るんだよね(笑)
でも、大勢待ってるので、「ローマの休日」でやったような
パフォーマンスはとてもできない・・・
真実の口広場にある噴水。彫刻がすごい。





馬車が通っていた。言えば乗せてもらえるのかなぁ・・・
何だか疲れちゃったので、タクシーで移動することに・・・



カンポ・デフィオーリの青空市場。
あまりに美味しそうだったので、さくらんぼを買いました。
1Kgで3.5ユーロなのを、2ユーロ分だけ売ってもらいました。


やった、得した!!と思ったんだけど・・・
これが後で大変なことに・・・


                                                     2日目はまだまだ続く・・・・次へ